寺院法物情報

登録法物一覧

一般寺院法物等承継システムについて

 

1.主 旨
 一般寺院における相互扶助の一助として、諸般の事情により存続が困難となり解散となる一般寺院の本尊・御影・仏具等、寺院が宗教活動を行うために必要とされる法物に関し、無償にて譲渡を希望される場合、その本尊等を、相当の期間宗派が保管し、新設・或いは災害等により、法物を必要とする寺院に承継することを目的とする。
2.法物承継手順

※一般寺院から宗派へ

①本尊・法物等の譲渡を希望する寺院は、所定の様式に、写真・寸法等、必要な事項を明記し、寺院活動支援部(一般寺院担当)に送付する。

②寺院活動支援部(一般寺院担当)は、送付された写真等をもとに、承継可能かどうかの調査を行う。

③法物承継委員会で承継可能か否かを決定する。

④承継可能と判断した場合は、当該寺院宛に連絡し、移送を依頼する。但し、移送に関する経費は原則宗派が負担するが、大型の仏具等については、その都度協議するものとする。

 

※宗派から一般寺院へ

①本尊・法物等の承継を希望される場合は、その旨を宗派に連絡し、本尊・法物等を実際に確認いただいた上で所定の手続を経る。

②法物承継委員会で承継先を決定する。

③派内手続終了をもって、本尊、法物等の承継を行うが、移送にかかる経費については当該寺院が負担するものとする。

3.承継事例

①平成22年1月、火災にあわれた寺院に対するもの

②平成26年3月、都市開教の布教所に対するもの

※申請書および手続要綱は、こちらよりダウンロードできます。

 必要事項記入の上、寺院活動支援部(一般寺院担当)までご提出ください。

宗派お預かり法物
(1) 聖德太子

御影 1 幅

縦191㎝ 横67㎝

(2) 明如上人

御影 1 幅 

縦191㎝ 横67㎝

申請書

要綱 申請用書面
手続要綱 01.法物承継システム登録申請書(法物承継システムへ法物の登録を希望する寺院用)
※添付書類:法物承継システム登録にかかる特別財産処分関係書類
02.法物承継申請書(登録法物の承継を希望する寺院)

本願寺新報「法物承継」関連記事

掲載元 記事表題│ファイル形式
本願寺新報
2012年11月20日記事
「法物承継システム」でご本尊PDF
本願寺新報
2017年06月20日号
ご本尊を被災寺院や新設寺院にPDF

※各書類は新しいウィンドウで開きます。

※閲覧方法
各項目の内容はAdobe PDF(アドビ・ピーディーエフ/Portable Document Format)にて登録しております。
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Reader(アドビ・リーダー)が必要です。
Adobe ReaderはAdobeのサイトより無償でダウンロードできます。 下記ボタンをクリックして、ダウンロード下さい。 (お使いのパソコンのOSバージョンに合ったものをご利用ください)。

Get ADOBE READER

ページトップへ